高山市、下呂市、飛騨市で司法書士をお探しなら河合亮一司法書士事務所まで。不動産登記・商業登記・相続、遺言の手続きなどお気軽にご相談ください。

ご相談は無料です

お電話やメールにて随時ご相談に応じております。
お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~18:00
休日:土・日・祝日
※ご予約による場合は営業時間外も
対応いたします。

お電話でのご相談 メールでのご相談

商業登記・企業法務

商業登記とは?

商業登記とは法務局の商業登記簿に会社の情報を記載することです。人間に例えると戸籍のようなもので、登記がされていない場合、実体の無い会社と見なされ相手の信用を得られません。登記をすると登記事項証明書が発行され、法律上、会社として認められます。また、会社の設立や商号の変更、役員の変更などをした際は、その都度この手続きが必要となり、一定の期間を過ぎると過料(罰則金)を求められる場合があります。

当事務所では、会社設立から後々の商号変更や役員変更など、商業登記に関する様々な手続きを継続してサポートさせていただきます。

こんなときに登記が必要です

会社の設立、役員変更、商号変更、目的変更、本店移転、増資、有限会社から株式会社への組織変更などが生じた場合

企業法務とは?

企業法務とは企業の事業活動に関わる法律上の業務を指し、将来起こりうる企業間や顧客との紛争などのリスクを未然に防ぐための業務です。 契約書作成の際や、取引先からの契約書の内容確認など、契約が公平に行われるよう専門家としてのアドバイスをさせていただいております。 また、紛争・裁判などトラブルが発生した際もサポートさせていただきます。 日本の中小企業のほとんどが法務部を持たない中で、企業に関わる法律は毎年のように改正されています。当事務所では、常に最新の情報を取り入れ、経営者様のアドバイザー(専属顧問)として、事業が安全・円滑に進むようお手伝いさせていただいております。